退職したい、転職したいけど、会社を辞められない。問題無く辞める最善の方法とは

退職したい 退職 転職

こんにちは!ハムスペです(^^)/

今日は、ブラック企業に勤めてしまった、またはブラック企業ではないけれど、やりたい事あるし、早く辞めたい!だけど、会社が辞めさせてくれない問題について語ります。

私は一応事務の仕事をしてますが、今の会社は(あくまで私の部署は)正直そんなに大変ではないです。仕事柄色んな職業の人と知り合いになりますし、法律にも多少詳しくなります。そのため、結構色んな職業の裏側に詳しい方です、多分。まあ色んな職業の人の話を聞いていると面白いですね。ではその人達はどうかと言うと、はっきり言って大変ですね。ノルマきついし、休み取れないし、ほんといつ遊ぶんだろう?って感じですね。こういう人達が日本を支えているんだな、と感じてます。本当にご苦労様です!って頭下げたくなります。

ほんと会社ってピンキリで、ひどい所は、休みなんて1ヶ月に何日あるんだろう?って疑問になるところも一杯ありますね。しかもそういうところに限って給料安かったりするので、良く分からないところがあります。私の会社は、比較的民主的?なので、辞めさせてもらえないという事は無い(もちろん強く引き止められますが)のですが、前の会社はひどかったですね。ほぼワンマン経営で社長のパワハラ(怒鳴り散らす)が横行していて、かなりの社員が辞めたがっていました。私は何とか辞めましたが、退職するのも勇気がいるものですよね。知り合った会社員の方なんかと話していると、「辞めたいけど、会社が辞めさせてくれない」「転職したいんですけど・・」っていう話も最近良く聞きます。

会社辞めたいけど、辞めれない!

転職したいんだけど・・

結局は自分の人生です、会社に将来性を感じているけど、一時の人間関係に悩んでいるだけであれば、大きな会社なら異動があるので、いつかは解放されます。そのまま頑張る方が良い場合も多いと思います。
しかし、私の友人なんかは明らかなブラック企業に入ってしまったけれど、抜けられなかった人もいます。会社に将来性も感じる訳でもなく、またやりがいもないまま何となく続けているだけと言う最悪のケースでした。まあ結局は辞めれましたが、他人事ながらそれまでに至る数年間はほんとに無駄だったと感じましたね。人生80年と言われてますが、働いている期間は40年くらいですよね。貴重な時間を無駄にしないためにも、頑張るのも一つの方法ですが、どうせ辞めるなら早い方が良いのも事実ですね。
なぜ辞められないのか?

パターン1 一番多いのは、このパターン(と思います、多分)

辞めると言ったけど会社に引き止められて、強く言えない、または辞めると言い出せない。

パターン2 次に多いのは、このパターン(かな?)

辞める時の手続きが面倒、転職先を探すのがしんどい。

パターン3 たまに聞きますね、このパターン(悪質です)

「辞めるなら、違約金を払ってもらわないと!」、「雇用契約上、3年間は辞めれないよ」などと、法的措置を取るなどと言われて、怖くなった。

他にもたくさんありますが、どちらにしてもここまでくると自分で解決するのは困難かも知れません。特にパターン3の場合などは、法的な知識もなく、どうしたら良いのか分からない場合も多々あります。

ちなみにですが、日本では、そもそも「職業選択の自由」が憲法第22条で定められています。また労働基準法第16条で「労働契約の不履行について、違約金を定める」ことを禁止しています。

そのため、会社を退職する事を理由とした違約金はそもそも違法です。憲法で職業選択の自由が定められているので、「〇年間は辞められない」なんてこともあり得ません!

まあここでそう決まっていると言われても、やっぱり個人では不安ですよね。

もう心は決まっているので、1日も早く退職したい!

「とにかく早く退職して、転職したい」、「だけどトラブルはいやだ」、「上司に言うのもしんどい」、「違約金も払いたくない」という方、全ての希望を叶える方法があります。確かに退職するとなると、会社の上司に言って了解を得てから、担当者に健康保険証を返したり、年金の手続きをお願いしたり、と煩わしい手続きが一杯でそれだけで嫌になりますよね。しかしその理由だけで、辞める事を止めたら(洒落じゃないですよ)本末転倒って事になりませんか?一度しかない人生の大切な時間を無駄にしないためにも、決めたのであれば、行動は早く実行しましょう!

そんな時に頼りになるが、退職代行業です。

ここは私も職場で知り合った他の会社の方が使われていたので、最近知りました。それまで存在すら全く知りませんでした。聞いた時の印象は、「最近の社会はここまで来たか」、と驚くとともに、「そんなん自分でやればいいんじゃないの?」という思いでしたね。しかし、本人に話を聞いてみると上記のような理由で、現実的にはやっぱりできない人が沢山いることを知りました。その人達にとってみれば、退職というのはとても厚い壁だった訳です。そんな厚い壁をとても薄くしてくれるのが、退職代行業です。

もちろん私も実際に使った人をたくさん見てきて、話もいっぱい聞きました。手続きを簡単に説明すると、こんな感じです。どこの代行業もあまり変わらないです。

1.まず最初に退職代行社に電話する。

 その時に、退職理由や現在の状況などを聞かれるので、詳しく説明する。ただし、電話説明が嫌であればメールやラインでの説明も可能です。そこで担当者が今後の流れについて説明してくれます。そこで自分の要望は全て伝えましょう。ここまでは無料です。ここで納得できない時は、この時点で断りましょう。心配しなくても他にも退職代行業はたくさんあります。

2.納得できれば、振込にて支払いを行う。

 ここで、私の経験上少しだけアドバイスさせて頂きます。その後代行社から会社に連絡が行くと当然会社の誰かから電話がかかってきます。そこで引き止められる事は容易に想像がつきますし、それ自体を止める事は現実的には難しいです。でもそこから電話で会社の人とやり取りするのであれば、そもそも代行業を頼む意味がなくなります。そこで、これは私からのアドバイスですが、その後退職手続きが完全に終わるまでは、会社関係の人からの電話は一切取らないことを強くお勧めします。実際、そこで心が折れてしまった人を見た事があります。ほんの少しの期間で驚くほど速く手続きは終わります。その間の我慢です。可能であれば、電話番号やラインやメールのアドレスを変えるか、着信拒否にすることですね。

3.退職代行社が、会社との手続きを進めてくれます。

 ここからは全くのお任せです。あなたは代行社の言うとおり健康保険証を代行社に渡したりするだけで、会社とのコンタクトは一切ありません。 って言うよりここで会社とコンタクトするのであれば、そもそも代行社に依頼する意味もありません。思っているより早く手続きは終わります。

退職代行社の選び方

 ここからは退職代行社の選び方と注意点について、書きます。「お金(未払いの給料や退職金など)の事はどうでもいいからとにかく辞めたい」、という方は簡単です。実績があり、確実に辞めれる代行社を選べば良いのです。しかも費用は安いに越した事はないですよね。一番のお勧めはここです!

退職代行サービス「サラバ」

POINT 実績でいうと、多分NO1です。しかも退職できなかった場合は、全額返金の保証付き。しかも費用はなんと29800円だけです。(追加料金は一切ありません)

       会社名も「サラバ」と分かりやすいです。(*^^)v(っていうかそのまんま)

    退職代行(SARABA)で退職する

ただし、少しだけ注意点があります。給与や退職金の交渉などは弁護士でないと認められていません。変な話ですが、本人の代わりに退職の意思を伝えたり手続きをすることはできるのですが、交渉はできません。そこは法律なので、仕方ないです。なので、単に辞めたいのであれば、安くて実績NO1の「サラバ」がお勧めです。もっと安い所もあるのですが、追加料金が発生したりするので、お勧めはしません。とにかく安く確実に辞めたい方はここが良いと思います。追加料金は一切かかりません。知り合いもここで辞めた人はいますが、納得してましたね。

 

弁護士退職代行(汐留パートナーズ)

POINT 「退職金や未払い給与なども大切なので、交渉して欲しい」、(まず無いと思いますが)「訴えられた時にはやっぱり弁護士の先生が頼り」、「そのためには、少しくらい費用が高くても安心したい」という方には、ここがお勧めです。

弁護士による退職代行で安心退職

ここは、着手金54000円と、少し高いですが、弁護士にしては格安ですし、弁護士なので、基本何でも交渉ができます。ただ、有給の消化などその他の交渉事になると、追加費用が発生することがありますので、そこは費用を支払う前に要望を細かく伝えて、費用を確認して納得した上で依頼するようにして下さい。ここを使った方にも聞いた事がありますが、「最後まで相談に乗ってくれたので、安心できた」っていう事でした。繰り返しになりますが、万一の訴訟(まず無いですが)の時にももちろん弁護を依頼できます。(ただし別料金にはなります)

 

すぐに再転職先を決めたい

ところで、辞めるのはいいけど、次の仕事が心配ですよね。できればすぐに就職先を探したい。

そんな時に応援してくれるところを紹介します

第二新卒エージェント~20代転職ほかフリーターなど学歴不問の就職

ここはお勧めです。就職先はもちろん紹介してくれますが、それだけではなく、それまでに履歴書の書き方から面接の方法まで就職するまでとことん面倒を見てくれます。しかも、学歴不問なので、高卒でも心配は全くありません。専門のアドバイザーがいますので、一度相談だけでもしてはどうでしょうか。今は人材不足です。思っているよりいい就職先が見つかる可能性は高いです。

その他にも色々とお勧めのところはあるのですが、書いているときりがないので、ここだけにしておきます。聞きたい方は下のお問合せからお願いします。

まとめ

しょせんは、一度きりの短い人生です。悩んでいるなら行動すべきです。でも勇気が出ない人もいると思いますので、そんな時は一度相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。相談は無料です!有意義な時間を過ごしたいものです。

ご購読ありがとうございました。

モチベーションアップになりますので、良ければクリックお願いします!

→click 人気ブログランキングへ

↑↓できれば両方クリックお願いします。<m(__)m>

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました